太陽光発電 軽いソーラーパネルをベランダに付けたい・・・

2017/07/31


独立した太陽光発電もやってみたい・・・

2015年8月に新築して、太陽光と一緒にエネファームをつけています。
太陽光とエネファームの構成はこんな感じです。

そんな中、一つ気になっていることがあります。 エネファームと太陽光発電で、昼の電力はかなり賄えていますが、 夜の電力に関しては、全くの無防備です(^_^;)

以前から、太陽光発電で電気を溜めて、夜使って見たいと思っていました。 その場合に問題になることは、大きく分けると2点あるかと思っています。

1.ソーラーパネルの問題
ソーラーパネルをどこに設置するか、価格と発電量の関係はどんなものか。

2.蓄電(バッテリー)の問題
夜使いたいということは、一旦電力を溜めて置くということ。 どのくらいの価格で、どのくらい溜めておけるか?


最近のソーラーパネルは軽くなってきた!

まず、ソーラーパネルを自分で設置するとすると、やっぱり一番思い浮かぶのは、ベランダ。 ベランダのどこかに置くか、どこかにぶら下げるかかなと思うのですが、ソーラーパネルは重い!というイメージがあります。

何年か前に興味があって、100Wのソーラーパネルを調べていた時、価格の問題もさることながら、重さが10キロ前後・・・(-。-;
100Wのソーラーパネル1枚で完了!というわけでも無いと思うので、 10キロ、20キロとそんな重いものをベランダに並べていくわけにはいきませんでした。

ところが、最近は状況が変わってきているようです。最近買ったバッテリーがソーラーパネルからの充電に対応していたことをきっかけに、 またソーラーパネル欲が再燃して調べていると・・・最近はフレキシブルに曲げることのできるソーラーパネルの値段も下がってきていて、 その重さがなんと、100Wでも「1.8キロ」とか、ちょっと前では考えられないくらい軽い!(・□・;)

・アルミフレームのソーラーパネル:8〜10キロ
・フレキシブルタイプのソーラーパネル:1.5〜2.5キロ


私が今、一番気になっているのは、こちらです。
17,000円くらいと、そこそこ安くて、重量も 1.85キロ前後で、雨でも大丈夫!(らしい)
ALLPOWERS 100W ソーラーチャージャー 曲げ可能 ソーラーパネル 太陽光発電 単結晶 防水/防振/防塵
製品仕様:
出力[Pmax]: 100W
動作電圧[Vmp]: 18V
動作電流[Imp]: 5.56A
短路電流[Isc]: 5.8A
開放電圧[Voc]: 20V
最大システム電圧: 1000V
サイズ: 1050mm*540mm*2.5mm
空気抵抗: 50psf (2400 pascals)
耐雪性: 113psf (5400 pascals)
雹の影響: 25mm (1 inch) at 23 m/s (52mph)
サイズ:1070×540×3.0mm/ 42.10×21.26×0.12inch
正味重量:1850±3g/ 62.25oz

アクセサリ
100W solarcity ソーラーパネル×1
ケーブル×1(サイズ 1×2.5mm2)
取扱説明書×1(solarcity板はsunpower板と仮に汎用)



重量などを気にせず、安さで選ぶなら、こちらあたりにすると思います。11,730円で送料無料とか、安すぎる・・・(^_^;)
2017.08.07 追記:その後値段が上がっているようです・・・
ECO-WORTHY 100W ソーラーパネル 高転換率 モジュール 12V バッテリーチャージー ボート L02P100N-1
商品仕様:
定格出力: 100W
最大電圧: 21.6V
開放電圧: 18V
最大電流: 6.11A
短路電流: 5.55A
出力容差: ±3%
動作温度: -40℃~+80℃
フレーム: 耐久性重型アルミ合金
保証: 10年間以内90%出力;25年間以内80%出力
ガラス種類・厚:透明強化ガラス・3.2mm
SLA バッテリー電圧: 12V
サイズ: 996*665*35mm
重量:8.89kgs
商品内容:
100W ソーラーパネル(MC4コネクター付けソーラーケーブル*90cm) *1個



近いうちに、どれにするか決めて、実際に発電と充電して、いい利用方法などを考えて見ようと思います(^-^)


その後、
太陽光発電 100Wで2キロを切る軽いソーラーパネルを買いました!
太陽光発電 100Wで2キロを切る軽いソーラーパネルで発電1日目








ページトップへ戻る



info@aray.jp